1.人事異動

  1月30日、浙江省人民代表大会の第13期第1回会議において、浙江省政府の新指導部(省長、副省長)、浙江省人民代表大会常務委員会の新指導部(主任、副主任)も選出された。また、1月29日、浙江省政治協商会議の第12期第1回会議において、主席・副主席を選出した。

 

省長:袁家軍(再任)
  
副省長:馮飛(再任)、朱従玖(再任)、王双全(再任)、高興夫(再任)、成岳沖(再任)、王文序(浙江省人力資源和社会保障庁庁長)、彭佳学(紹興市党委員会書記)、陳偉俊(湖州市党委員会書記)
  

主任:車俊(省党委常務委員会書記)

 

副主任:梁黎明(浙江省副省長)、女(女+以)健敏(省人代常務委員会副主任)、李衛寧(浙江省政府秘書長)、李学忠(浙江省発展和改革委員会)、趙光君(金華市党委員会書記)、史済錫(麗水市党委員会書記)
 

主席:葛慧君(省党委常務委員会宣伝部長)
  

副主席:孫景E(浙江省海洋港口発展委員会主任)  鄭継偉(再任) 張沢熙(再任) 陳小平(再任) 呉晶(再任) 蔡秀軍(再任) 陳鉄雄(浙江省国土資源庁庁長) 馬光明(浙江省監察委員会副主任) 周国輝(浙江省科学技術庁庁長)【浙江在線 2018年1月30日】

2.2017年の浙江省経済、GDP前年比6.9%の伸び

  2017年の浙江省のGDP(域内総生産)は前年比7.8%増の5兆1,768億元、全国平均の6.9%を1.8ポイント上回った。また、浙江省として初めて5兆元を突破し、全国順位は広東省、江蘇省、山東省に続く第4位となった。貿易総額は前年比15.3%増の2兆5,604億元、昨年に引き続き全国第4位の規模となった。その内、輸出総額は前年比10.1%増の1兆9,446億元、全国第3位、輸入総額は前年比35.6%増の6,158億元となった。【浙江在線等 2018年1月25日】



                     

3.杭州地下鉄4号線第1期南区間が開通

 地下鉄4号線第1期南区間が1月9日に開通した。地下鉄4号線第1期は彭埠駅-近江駅区間(9.6q)が2015年2月に既に開通していたが、今回は第1期の南区間にあたる甬江路駅-浦沿駅区間(11.2q)が開通した。これにより、杭州市中心エリアから浜江区へのアクセスが向上する他、銭塘江上の交通渋滞の緩和が期待される。【浙江在線等 2017年1月8日】    

4、老舗「五芳斎」が杭州市に無人レストラン開業

 ちまきの老舗「五芳斎」(本社:浙江省嘉興市)は、無人レストランを杭州市で開業することを発表した。2018年1月の開業を目指す。当該店舗は24時間営業なる予定。五芳斎は近年、「天猫」、「口碑」等のオンライン上での商品販売に力を入れており、無人レストランはアリババ傘下の「口碑」(地域密着型オンラインサービス)を利用したサービスを展開する。【浙江在線等 2017年12月1日】

1.人事異動

  1月29日、湖北省人民代表大会の第13期第1回会議において、湖北省政府の新指導部(省長、副省長)、湖北省人民代表大会常務委員会の新指導部(主任、副主任)も選出された。

 

省長:王暁東

副省長:黄楚平、曹広晶、曾欣、童道馳、周先旺、陳安麗、楊雲彦

 

主任:蒋超良

副主任:周洪宇、王玲、王建鳴、劉雪栄、劉暁鳴、胡志強【湖北法制網 2018年1月29日】

2.2017年、湖北省経済 GDP前年比7.8%の伸び

 2017年の湖北省のGDP(域内総生産)は7.8%増の3兆6,523億元となり、全国平均の6.9%を上回った。貿易総額は前年比20.8%増の3,134億元、輸出総額は20.2%増の2,064億元、輸入総額は21.4%増の1,070億元、外資企業による実際ベースの直接投資額は8.5%増の110億ドル。住民一人当たり可処分所得は、都市部で3万1,889元、農村部で1万3,812元となった。【湖北日報網 1月21日】 

3.武漢発着の中欧貨物定期列車便、2017年は375本運行、今年は500本運行予定

 2017年、武漢発着の『中国-欧州貨物定期列車便』は375本運行された。運行範囲はドイツとロシアを支点に、チェコ、ポーランド、ベラルーシ、ウズベキスタン、フランス等28か国・60都市、武漢からは自動車、電子部品、食品等を、欧州からはベラルーシの牛乳、フランスのワイン、ドイツのビール等が輸送されている。2018年は運行範囲をウクライナ、トルコ、イラン等に広げ、計500本程度の運行予定。【財経新聞 12月30日・湖北要聞 1月5日】

4.湖北省常住外国人1.9万人、出入国人数が4年で倍増

  湖北省人事社会保障庁の統計によると、湖北省常住の外国人数は1.9万人、日本、韓国等のアジア諸国やアメリカ、フランス、カナダ等の欧米諸国をはじめとし、82か国の出身者が常住している。就業人数の多い業界は、順に自動車、ホテル飲食、機械・IT関連等となった。また、省公安庁の統計によれば、2017年の湖北省の出入国人数は前年比12%増の285万人を突破した。【湖北要聞 1月8日】