4.中国国家重大テクノロジーインフラプロジェクトが杭州で始動

中国国家重大テクノロジーインフラの一つ、「過重力プロジェクト」が杭州で始動した。この国家公共施設は、杭州未来テクノロジーシティに設置され、敷地面積は約6ヘクタール、総建築面積は3万4560平方メートル。工期は5年を見込んでいる。完成すると、世界で容量と応用範囲が最大の超重力学際的開放共有実験プラットフォームとなる。

【人民網 2019年11月19日】