2018年度定期総会開催、新たなスタート

35周年の成果を礎に、40周年に向けて

 5月24日(木)、ホテルセンチュリー静岡において、本協議会の2018年度の定期総会が開催されました。昨年度は静岡県・浙江省友好提携35周年に呼応して多種多彩な交流が行われたことが報告され、新年度はこの成果を基礎に、40周年に向けた交流を推進していく事業計画が承認され、新たなスタートを切りました。

 

◎川勝会長 挨拶要旨   
 昨年は静岡県・浙江省の友好提携35周年の記念すべき1年で、上半期4月には梁黎明副省長を初め、146名の浙江省の友人が来静されました。記念式典では、程永華駐日大使からの祝辞をいただきましたが、その中で、静岡県と浙江省は数年前の日中摩擦に揺らぐことなく、地域間友好のモデルとなったことが取り上げられました。下半期、秋には、中国在住者を含め、500名以上の静岡県民が浙江省を訪問し、記念式典では浙江省の車俊書記や袁家軍省長の両氏からご祝辞をいただき、共同宣言も発表される等、浙江省の静岡県に対する熱い思いを感じました。習近平国家主席がまだ副主席だった時に一度来日され、その折、東京から九州まで新幹線で通過されましたが、実は習近平氏が浙江省書記だった時代に石川元知事と友情を深め、その縁で習近平氏が上海市書記だった頃に、静岡空港のために東方航空を選んで下さり、本来であれば、9年前の6月5日には静岡空港から降り立つ予定だったところを、中央政府に抜擢されてしまうという経緯がありました。次に習主席が来日される時には、是非とも静岡空港から入っていただきたいというのが、私の密かな願いであります。静岡県日中友好協議会は、来年、設立40周年を迎えます。節目に向けて、また静岡県と浙江省が地域間友好のモデルであると誰の目から見ても認められるよう、この勢いを継続していきたいと思います。

事業計画 (2018年度)

1.人事文化交流事業:

@第37期中国研修生の受入れ(6ケ月間、人民政府外事弁公室他より4名)

A各界各層間の交流促進(青少年・女性・勤労者等の各層別交流)

B各友好訪中団の派遣及び各友好訪日団の受入れに対する協力 等

2.産業・経済・技術交流事業: 

@静岡県・浙江省経済交流促進機構の取組み(第27回会議、シンポジウムの開催等)

A浙江省等技能実習生の受入れ(1年間又は3年間 15社前後、70名程度)

B専門別交流の促進、セミナー等の開催 等

3.情報交流事業: 

@浙江省及び湖北省を始めとした中国便就航都市との連絡、調査、情報提供

A機関紙・情報ニュースの発行 等

◎常勤役員・専務理事◎

総会・理事会で常勤役員・専務理事が選任されました。

新任:安間直道 退任:外山敬三

 

soukai.jpg

35周年の成果を礎に、40周年に向けて 

 

5月24日()、ホテルセンチュリー静岡において、本協議会の2018年度の定期総会が開催されました。昨年度は静岡県・浙江省友好提携35周年に呼応して多種多彩な交流が行われたことが報告され、新年度はこの成果を基礎に、40周年に向けた交流を推進していく事業計画が承認され、新たなスタートを切りました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浙江省静岡県ビジネスフォーラム及び交流会の開催

静岡県と浙江省がこれまで培ってきた協力関係をプラットフォームに、

双方が互いの経済環境をもっと知り、双方向性のビジネスの協働、

ビジネスのチャンスを創出する機会とするビジネスフォーラムを開催します。

 

■ 日時 : 8月27日(月) 15:00〜19:00(受付開始 14:30)

■ 場所 : ホテルセンチュリー静岡 4階 クルスタルルーム

■ 主催 : 静岡県経済産業部、浙江省商務庁

■ 内容 : 第1部 「浙江省静岡県ビジネスフォーラム」 15:00〜17:15

        ・ 主催者挨拶(静岡県副知事、浙江省長)

        ・ 静岡県及び浙江省の経済政策・投資環境の紹介

        ・ 浙江省貿易促進会の状況の紹介・業種別グループセッション

        @医療・健康、介護・福祉 A製造業全般 B情報産業・Eコマース

          第2部 交流会 17:15〜19:00

■ 浙江省側参加予定者 : 約80名 (行政機関、商工団体、企業代表等)

■ 参加費 : 第1部 ビジネスフォーラム:無料

          第2部 企業交流会:4,000円

■ 申込期限 : 8月20日(月)

■ 連絡先(申込先) : 静岡県経済産業部企業立地政策課(担当:那須野、今本)

               TEL : 054-221-2439

               FAX : 054-221-3216 

               E-mail : ksuishin@pref.shizuoka.lg.jp

SIBA「海外事業展開講座」受講者募集について

SIBAでは、県内企業の海外赴任予定者や海外部門担当者等を対象に、現地のビジネス事情などを学ぶための講座を開講します。

今年度は、静岡、浜松会場ともに週1回の夜間開催(18:00〜21:00)です。

□ 日程:

(静岡会場)

 【中国】 1/9(水)、1/16(水)、1/23(水)、2/6(水)

(浜松会場)

 【中国】 9/6(木)、9/13(木)、9/20(木)、9/27(木)

□ 対象者:海外赴任予定者、本社サポート部門、その他海外展開を検討されている方

□ 内 容:基礎から駐在に必要な知識まで、短期間での習得を目指します

     (全5回コース)

     @現地事情 A会計・税務 B人事・労務管理

     Cコミュニケーション D危機管理

□ 講 師:一般財団法人海外職業訓練協会国際アドバイザー、

      海外危機管理コンサルタント等

□ 会 場:(静岡)レイアップ御幸町ビル (浜松)浜松労政会館

□ 受講料:1コース当たり5,000円(全5回分)

□ 定 員:20人程度(先着順)

□ 申込み:(詳細はこちらから)http://www.siba.or.jp/course/

□ 問合せ:公益社団法人静岡県国際経済振興会

      TEL:054-254-5161 FAX:054-251-1918

SIBA「米中貿易戦争と中国産業構造高度化の可能性」講座開催

米国トランプ大統領の通商施策である関税率引き上げにより米中貿易戦争が繰り広げられ始めた中、この影響により今後、中国経済は徐々に減速する傾向になるだろうと予想されています。中国政府と政策当局は景気刺激策を強化するなど様々な対応を検討しているものの、出口の見えない貿易戦争により中国経済は今後どの方向に進んでいくのか先が見えにくい状態にあります。特に中国とビジネス関係にある日本企業にとって、これからの事業展開や進退についての判断がより難しくなると推測されます。

本セミナーでは、中国出身で中国経済や金融に詳しいエコノミストを講師としてお招きし、米中貿易や中国経済の今後、日系企業が立てるべき投資戦略などについてご講演いただきます。

 

【日 時】 平成30年9月4日(火) 14:00〜16:00 (会場13:30)

【会 場】 レイアップ御幸町ビル6階 6-C

【参加費】 無料

【内 容】 1.講演 : 米中貿易戦争と中国産業構造高度化の可能性

                    講師 : 柯 隆 氏(静岡県立大学グローバル地域センター 特任教授、

                                                 東京財団政策研究所 主席研究員)

       2. 質疑応答

【定 員】 50名

【申込方法】 SIBAホームページより http://www.siba.or.jp/news/events/post_135.html

【締 切】 平成30年9月3日(月)

【主 催】 公益社団法人静岡県国際経済振興会(SIBA)

【共 催】 ジェトロ静岡(予定)

【後 援】 静岡市、静岡国際貿易経済協議会(SITEC)

【お問合せ】 SIBA(担当:上原) TEL:054-254-5161