4.武漢市、国家知的財産運用サービスシステム構築試験都市に

 湖北省財政庁によると、武漢市が国家知的財産運用サービスシステム構築試験都市に選ばれた。武漢市は3年以内に中央財政から2億元の補助を受けることができる。現在のところ、武漢市は中央財政から第1回目の1.5億元の補助金を受けている。残りの資金は、年内に審査通過後、支払われる。今回武漢市以外で選出された都市に、北京市海淀区、上海市浦東新区、南京市、杭州市、広州市、深市、海口市がある。【湖北要聞 2018年8月6日】