4.春節休暇期間、湖北省2,887万人を受入

 春節休暇期間、湖北省は国内外から延べ2,887万人(前年同期比8.3%増)の観光客を受け入れ、観光収入は136億元に達した(同9.7%増)。
 武漢市では、60以上の祝祭日イベントが行われた他、宜昌昭君村古漢文化観光エリアでは、現代的な4Dホログラムの技術を駆使して、きらびやかな照明の中、臨場感のある伝統的な漢文化を披露した。また、襄陽、十堰、荊州、黄岡、恩施等の観光スポットでは、伝統的なお祭りや、華やかな灯篭装飾、龍の舞等のイベントが行われ、観光局は旅行の中で伝統文化を体験した。また、各種博物館は大変な人気で、親子研究学習ツアーの目的地となった。【湖北要聞 2019年2月11日】