4.(武漢)武漢大学で桜の花見、1万人が訪れる

昨年は新型コロナ感染症で、毎年武漢大学での「桜の花見」イベントが実現できなかったが、今年はキャンパスを開放した武漢大学構内にある桜花大道には、一日だけで約1万人以上の大勢の花見客でにぎわった。また、長江の両岸の高層ビルや橋、ランドマークの建物がライトアップされ、「街中に桜が満開」といったムードが漂った。

【人民網日本語版 2021年3月10日】