3.杭州の慶春門古城壁がリニューアル

 杭州の十大城門遺跡・慶春門古城壁がリニューアルされ、このほど披露された。新しい慶春門は既存のライトアップシステムを拡充した他、LEDスクリーンによるレトロ調の装飾壁も加わった。城門の上に築かれたやぐらの北側には、南宋の城壁遺跡や古城の伝説をモチーフにした木の彫刻による壁画や文化財が陳列された古城壁陳列館も同時にリニューアルオープンした。また、やぐらの南側には杭州初の隕石博物館となる浙江鴻民隕石文化博物館がオープンし、無料で公開された。博物館の入口には1.4トンの隕石が「星からのプレゼント」とのタイトルで陳列されている。【浙江在線 2018年6月22日】