3.商合杭高速鉄道 全線で開通

このほど、商合杭高速鉄道(河南省商丘、安徽省合肥、浙江省杭州を結ぶ)が、工期4年半の建設を経て全線開通し、河南、安徽、浙江の3省「シームレス化接続」が実現した。全長は793.4キロ、設計時速は350キロ。国家高速鉄道網の重要構成部分であり、「華東第二通路」と言われている。

【浙江日報2020年6月29日】