3.武漢市、上半期の雇用景気指数、概ね安定

 武漢市は上半期の雇用景気指数を発表し、それによると、武漢市の雇用状況は概ね安定し、ハイレベルなポストの雇用は徐々に増加する一方、製造業は大幅に減少し、雇用ポストは継続的に最適化され、求職者の教育水準も高くなっている。モニタリングによると、サービス業でのポスト需要の全体に占める割合は60.8%に達し、7.77%増加した。特に情報通信、コンピューターサービス、ソフトウェア業界での増員が最も多く、数年連続で増員ランキングが1位となっている。【財経新聞 2018年8月12日】