1.武漢市、投資誘致契約額が2兆元を突破

 武漢市が取り組む、外資を含む企業誘致「一号プロジェクト」事業を実施以来、10か月余が経過し、投資総額は契約ベースでは2兆1,099億元、実行ベースでは7,274億元と、史上最高となった。年内の一連の活動を通じて、今後の実行ベースの投資総額は8,000億元、もしくは1兆元に達する見込みとなった。【湖北要聞 11月20日】