静岡県日中友好協議会
静岡県日中友好協議会

メニュー:中国の窓
[*]前へ  [#]次へ
3.パンダ科学研究・繁殖センターが杭州で設立

 このほど、中国ジャイアントパンダ保護研究センターと杭州野生動物世界は浙江省杭州市で、「杭州—中華ジャイアントパンダ苑」プロジェクトの契約を交わした。同プロジェクトは浙江省初の国家級ジャイアントパンダ科学研究・繁殖センターとなる。杭州市には現在、杭州動物園で2頭、杭州野生動物世界で2頭の計4頭のパンダが飼育されているが、2022年までに同プロジェクトに基づきパンダ20頭を受け入れた後、杭州市は四川ジャイアントパンダ繁殖基地に次ぎ、世界でパンダの数が2番目に多い場所となる。【新華網等 2018年4月14日】



4. 大学院大学「西湖大学」設立を認可

 中国教育部は、このほど、博士課程を対象とする大学院大学「西湖大学」(杭州市西湖区)設立を正式に承認した。初代学長は元清華大学副学長。生物学、薬学、物理学、化学、基礎医学等12の学科を設け、研究型大学を志向する。博士課程学生数は5年で1,220人、10年で5,000人規模を目指す。【杭州教育網等 2018年4月3日】

 



1.武漢−ロンドンの直行便、5月30日より就航

 中国南方航空は、5月30日より武漢とロンドンを結ぶ直行便を就航させることを発表した。武漢天河空港第3ターミナルのオープン後、初の大陸間路線就航となる。月、水、金の週3便を運航予定。同社は、3月28日に武漢―大阪線を新規就航させ、5月には武漢―ホーチミン、プーケット等の国際線の就航を予定している。これにより、同社の武漢発着の国際線・国内路線は合計14路線となり、週126便を運航する。【人民網 2018年3月23日】



[*]前へ  [#]次へ

▲上へ
静岡県日中友好協議会トップページ