静岡県日中友好協議会
静岡県日中友好協議会

メニュー:中国の窓
[#]次へ
中国短信

≪浙江省≫

1. 浙江省台州市の三門原子力1号機、初のフル出力に

2. スターバックスとアリババ、中国でのコーヒー配達で提携

3. 杭州企業、減速機を全世界に販売

4. 温州市永嘉県で婚礼簡素化インターネットサービス

 

≪湖北省≫

1. 武漢−モーリシャス直行便がスタート

2. 湖北省の対外貿易は8.4%増

3. 武漢市、上半期の雇用景気指数、概ね安定

4. 武漢市、国家知的財産運用サービスシステム構築試験都市に



1.浙江省台州市の三門原子力1号機、初のフル出力に

 米ウエスチングハウス製の第3世代原子炉「AP1000」を採用した中国の三門原子力発電所1号機(浙江省、125万キロワット)が8月14日、試運転中に初めてフル出力に達した。建設主体の中国核工業集団(CNNC)などが発表した。現在、フル出力で発電所の機器が健全に動作するか、確認作業を実施している。年末までに商業運転を始める予定。工程通りに進めば、世界で初めてAP1000が運開することになる。【電気新聞 2018年8月17日】



2.スターバックスとアリババ、中国でのコーヒー配達で提携

 米コーヒーチェーン・スターバックスは8月2日、中国の電子商取引大手、アリババグループと提携し、中国でコーヒーの配達サービスを開始すると発表した。中国の売上高を底上げするとともに、国内の新規コーヒーチェーンとの激しい競争で優位に立つことを目指す。アリババ傘下のネット出前サービス「餓了麼」と連携して9月から北京と上海の150店舗でまずサービスを始め、年末までに30都市2000店舗に拡大する。【ロイター 2018年8月2日】



[#]次へ

▲上へ
静岡県日中友好協議会トップページ