静岡県日中友好協議会
静岡県日中友好協議会

[*]前へ  [#]次へ

1.武漢のスーパーで顔認証決済スタート

 武漢のスーパーで顔認証決済システムが導入された。客がスクリーンの指示に従い、選んだ商品のバーコードを機械にスキャンさせると、各商品の名称、数、価格などの情報が表示される。間違いがないことを確認した後、支付宝(アリペイ)に紐付けした携帯電話番号を入力し、「支払い確認」をタッチすると、バーコード決済か顔認証決済を選択できる。顔認証を選択すると、機械の撮影した顧客の顔写真がスクリーンに表示される。「支払い」をタッチすればただちに支払いが済み、スクリーン下から自動的にレシートが出て完了する。全てのプロセスが30秒足らずで完了する。【人民網等 2018年8月16日】


[*]前へ  [#]次へ

▲上へ
静岡県日中友好協議会トップページ