静岡県日中友好協議会
静岡県日中友好協議会

[*]前へ  [#]次へ

『日中青少年芸術交流の夕べ』を終えて

佐藤典子舞踊研究所代表 佐藤 典子

 

 磐田市のゆやホールの舞台、客席一ぱいに広がって、満面の笑顔で手を繋ぎ歌い踊る日中の子ども達。満席のお客様の笑顔と拍手に包まれて私達は幸せな時を共有しました。


 「また、会いましょうね。」と遠ざかるバスの窓に手を振り続けたあの夜は、身体表現という共通言語を持つ世界で舞台を創ることに生きる幸せを、改めて満喫させていただいた『時』でもありました。
 
 振り返れば、私が中国浙江省の皆さんと交流をさせて頂くようになって、既に27年になります。其の間、沢山の方々にお世話になり、得難い経験を重ねました。その中でも、浙江芸術学校(現・浙江芸術職業学院)校長、蘆竹音先生をはじめ、杭州市青少年活動中心の先生方等、多くの優れた芸術家との交流は生涯の宝物です。

 

 当時は、古典芸術の専門校である浙江芸術学校は、既にクラシックバレエでは素晴らしい指導者は居られても、モダンダンスの先生は不在でした。蘆校長よりの依頼で私が手ほどきをすることになり、お付き合いが始まったのです。以来、“子ども達に教えたい”という私の希望も入れて下さって、活動中心の先生方や子ども達とも交流が続いて居ります。平成15年のNEW!!わかふじ国体開会式に参加して下さった芸術学校の生徒さん方の、美しい舞い姿をご記憶の皆さんも多いことと存じます。中国での『21世紀にむけた日中青少年芸術音楽祭in杭州 ’99』日本での『アジア・ジュニアダンスフェスティバルみんな集まれ!輪になって踊ろう』、『第24回国民文化祭・しずおか2009 第1部 この指とまれ 世界の子どもたち』等々、数多くの舞台、ワークショップを企画・参加させていただいています。

 

 今回の『交流の夕べ』は静岡県日中友好協議会のご指導のもと、磐田市及び有志の皆さんが『成功させる会』を結成、私共をバックアップして下さったおかげで、楽しい集いを創ることが出来ました。これからも両国の子ども達の未来が豊かなものであることを信じて、夢を紡いでいきたいと思って居ります。


[*]前へ  [#]次へ

▲上へ
静岡県日中友好協議会トップページ