中国の自動車白書(2020年)

自動車登録台数2億8100万台、運転免許証所有者41800万人 

統計によると、中国の2020年末の累計で、自動車登録台数は2億8100万台、運転免許所持者数は4億1800万人になり、また2020年の新規自動車登録台数は2,424万台、新規運転免許証登録者数は2,231万人になりました。

 

70都市で登録自動車数100万台以上:

全国70都市が100万台/都市以上の登録自動車があり、そのうち31都市が200万台/都市以上、13都市が300万台/都市以上、北京、成都、重慶、蘇州、上海で500万台を/都市超え、鄭州は400万台/都市を超え、西安、武漢、深セン、東莞、天津、青島、石家庄の7都市は300万台/都市を超えました。

 

新エネルギー車(EVなど)台数は492万台:

2020年の新エネルギー車(EVなど)台数は492万台になり、車両総数の1.75%を占め、2019年から111万台増、29.2%増加しました。そのうち400万台は純粋な電気自動車であり、新エネルギー車(EVなど)総数の81.3%を占めています。補助金が年々減少し、政策配当が徐々に減少しているにもかかわらず、新エネルギー車(EVなど)の増加は3年連続で100万台を超えました。

 

自動車の移転譲渡需要は2,481万台:

2020年、交通管理部門は自動車2,481万台の移転譲渡登録を行いました。過去5年間で、中古車取引市場の活発化にともない、自動車譲渡登録と登録取引量の比率は0.59から1.02に増加しました。

 

運転免許証所持者45600万人: 

2020年の自動車運転免許証所持者数は4億1800万人が自動車運転免許証所持者になり、新型コロナウィルスの流行の影響を受けて、2020年に新たに免許を取得した運転免許証所持者数は2,231万人になり、総数の4.9%を占め、712万人減少しました。

性別では、男性が3億800万人(68%)、女性が1億4800万人(32%)を占めました。年齢別では、26歳から50歳までが3億2700万人(72%)、51歳から60歳までが6,086万人(13%)を占めています。

 

駐車場スペース、年間平均成長率は13.6%増

2015年の駐車スペース数は6,935万台でしたが、2019年末までに駐車場スペース数は1億17万台に達しました。

駐車場スペースの数は、2015年から2019年にかけて3,775万台増加しました。年間平均成長率は13.6%です。

 

オンライン車両登録・運転免許証事務処理は6,769万件:

2020年は、新型コロナウィルス感染を防止するため、交通管理部門の車両登録・運転免許証事務のオンライン事務処理件数は、これまで6,769万件あり、前年比124%増の3,747万件になりました。そのうち、車両の仮車番発給枚数2,043万枚がオンラインで発行されました。 

 (環境網レポート等を整理)