日本から中国へ行く場合: 搭乗に「健康コード」が必要になります

駐日中国大使館は、日本から中国に行く中国籍・外国籍の乗客は、これまでと同様、搭乗2日前以内(検体採取日から起算)に新型コロナウィルスPCR検査陰性証明及び血清特異性IgM抗体検査を行い、ダブル陰性証明を取得のうえ、さらに12月1日(当日を含む)からは、中国駐日本大使館・総領事館に“HS”または“HDC”マークのグリーン健康コードを申請し、コードの有効期間内に飛行機に搭乗することが必要となる旨を発表しました。
※本件は中国政府の措置であり、詳細については、駐日中国大使館のHPで必ず御確認ください。健康コードを申請できる端末をお持ちでない場合の取り扱いを含め、御質問がある場合には、駐日中国大使館・総領事館に直接お願いします。
※駐日中国大使館:日本から中国へ行く乗客へお知らせ 搭乗に「健康コード」が必要になります
(日本語)http://www.china-embassy.or.jp/jpn/lsfu/t1836108.htm
(中国語)http://www.china-embassy.or.jp/chn/lsfws/t1836106.htm
※中国政府より、今後、当該措置の見直しや新たな措置が発表される可能性がありますので、引き続き、在日本中国大使館ホームページを確認するなどし、関連する最新情報にご留意下さい。