2.スターバックスとアリババ、中国でのコーヒー配達で提携

 米コーヒーチェーン・スターバックスは8月2日、中国の電子商取引大手、アリババグループと提携し、中国でコーヒーの配達サービスを開始すると発表した。中国の売上高を底上げするとともに、国内の新規コーヒーチェーンとの激しい競争で優位に立つことを目指す。アリババ傘下のネット出前サービス「餓了麼」と連携して9月から北京と上海の150店舗でまずサービスを始め、年末までに30都市2000店舗に拡大する。【ロイター 2018年8月2日】