2.今年の龍井茶は例年よりやや高値

  西湖風景名勝区管理委員会によると、今年は3月下旬の摘採期、雨が少なく、お茶の成長に気温が適していたため、高品質の西湖龍井茶の収穫、生産につながった。今年の龍井茶の全体生産量は過去と変わらない水準で、西湖景区西湖龍井茶の生産量は約140トン程度。コスト増加等の要因により、価格は例年に比べやや高値となっている。【浙江在線等 2018年3月29日】