南京、武漢、長沙の3市で「国家人工知能(AI)イノベーション応用先導区」が追加創設されることになった。これにより、中国のAIイノベーション応用先導区は、上海市(浦東新区)、広東省深圳市、山東省済南・青島両市、北京市、天津市(浜海新区)、広東省広州市、浙江省杭州市、四川省成都市と合わせて計11カ所となる。   
                                 【新華社  2022年10月2日】