2.杭州の白ビワ、24間以内にシンガポールへ

 杭州市の特産である白ビワがシンガポールに輸出できるようになった。今年、地元、塘栖鎮政府は順豊速運等の宅配業者と契約を結び、越境Eコマースによって、シンガポールから受注した白ビワがクール宅配の形で24時間以内に配達できるようにした。行政部門は農村の新業態を奨励し、アリババが手がける「農村タオバオ」や中国郵政が手がける「農郵楽購」等の専門的なEコマースのプラットホームの整備を進めている。【浙江在線 2018年6月22日】